仕事を知る
仕事を知る
事務員総合職とは

事務員総合職とドライバーの役割分担

福山通運では、大きな分類として事務員総合職とドライバーの2種類の仕事があります。

事務員総合職

支店や営業所に勤務し、運送事業全般の管理業務を行います。ドライバーを含む従業員(ヒト)の労務管理をはじめ、お客様の荷物やトラックなど(モノ)の管理、請求や支払いなど(カネ)の管理、そして、これらの業務の基盤となる“情報”の管理を含め、運送事業を総合的に管理していくのが事務員総合職の仕事です。もちろん1人ですべてを行うわけではなく、担当別に専任でそれぞれの役割を担っています。

ドライバー

荷主から荷物を預かり(集荷)、幹線輸送し、荷受人へ荷物を届ける(配達)仕事です。集荷・配達のセールスドライバーと、長距離を幹線輸送する大型トラックのドライバーがいます。また、セールスドライバーは荷物を運ぶだけではなく、お客様への応対を通して、営業活動も行います。


一つの荷物を全員で届ける――事務員総合職のスムーズな連携がカギ

それでは物流の現場である支店、営業所での【事務員総合職】の仕事を担当別にご紹介します。

【発送係】
所属する支店・営業所から発送される全ての荷物の管理を行います。「いつ着きますか?」などお客様の問い合わせに対して荷物を追跡してお答えしたり、また万が一の荷物の未着や破損などにも、迅速・丁寧に対応するなど、正常に配達完了するまでのフォローアップを行います。
【到着係】
到着店(支店や営業所)に着いた荷物を、セールスドライバーに託して荷受人まで確実に届ける仕事を担当します。物流の最終段階を担うポジションで、予定の時刻に、もちろん荷物に一切の支障なく配送するのが使命です。再配達の依頼、宛先不明の荷物などにも臨機応変に対処します。
【小型配車係】
所属する支店・営業所のエリア内の集荷と配達で、計画的にセールスドライバーと車両を手配し、配送のルートや時間などを指示します。セールスドライバーの労務管理や、車両管理、運行管理も小型配車係が行います。
【大型配車係】
支店・営業所間を幹線輸送する運行ドライバーの管理を行います。方面別のトラックの積載量によって偏りがないように、また、到着店への到着時間も配慮して積み付け指示を行います。大型トラックを運転するドライバーの労務管理、また車両管理、配車管理、運行管理も大型配車係が担当します。
【営業係】
輸送する荷物の獲得・契約を主な業務とし、お客様に最適な輸送サービス(運行計画など)を提案し、実行部隊へと連携していきます。営業活動には、既存顧客のフォローと新規開拓があり、福山通運の物流事業拡大の使命を担っています。
【庶務係】
支店(または営業所)のドライバー、事務員、またパート、アルバイトなど従業員の労務管理が主な仕事です。労働時間の管理、給与処理、健康保険・雇用保険などの各種手続き、そして、資材の管理、社宅の管理まで幅広く担当。物流の担い手たちをあらゆる側面からサポートしています。
【会計係】
取引先への支払い、資材の購入代金の支払いなど、支店(または営業所)の支払い業務を担当します。また、“インタンク”といって事業所内にガソリンスタンドを設置しているので、石油販売会社への支払いとコスト管理も会計係が行っています。
【未収係】
お客様への請求書の発行と運賃の回収が主な仕事です。また、お客様ごとの配送運賃マスター管理も行います。
【国際係】
空港や港湾に隣接した支店(または営業所)で、お客様の海外拠点から国内へ、また国内から海外への荷物の輸送に際しての、輸出入手続きや船積み手続きなどの通関業務を担当しています。運ぶだけではない、お客様のあらゆるニーズに応える複合一貫輸送の物流サービスを担います。

全社的なテーマに取り組む未来の管理職へ

そして、事務員総合職にはもう1つの大きなミッションがあります。それは、未来の福山通運を考える仕事です。支店や営業所のマネジメントや、福山通運全体としての戦略的ロジスティクスの開発、また他社との業務提携など、将来の管理職としてその活躍が期待されています。