各種物流、国内、海外引越し、航空貨物輸送、産地ギフト等のご案内。

運輸安全マネジメント実施概要

1.輸送の安全に関する基本的な方針

「安全、安心の確立はわが社の基本である」掲示ポスターを各事業所の見えやすい場所に掲示しています。

運転安全マネジメント安全方針「安全、安心の確立はわが社の基本である」掲示ポスター

2.輸送の安全に関する目標及びその達成状況

  1. 令和2年度目標 プロ意識の確立と思いやりの精神
  2. 達成状況
    自動車事故報告規則第二条に規定する事故の削減および、死傷事故に繋がる恐れのある交差点・追突事故の削減強化に取組みました。
  3. 令和3年度目標
  4. 安全を最優先し、交通弱者にやさしい運転の実践

3.自動車事故報告規則第二条に規定する事故に関する統計

令和2年度の自動車事故報告書提出実績 7件

グループ会社別件数
福山通運
山陰福山通運
四国福山通運
九州福山通運
南九州福山通運
   
   
   
   
   
   
   
合計
事故類型別件数
転覆
転落
路外逸脱
火災
踏切
衝突
死傷
健康起因
車両故障
交通障害
薬物使用
被害
合計

4.(1)輸送の安全に関する重点施策と具体的数値目標

      ・なくそう 交差点事故 アンダー30作戦

      ・なくそう 追突事故 アンダー30作戦

      ・なくそう 構内事故 アンダー300作戦

4.(2)重点運動

      ・一時停止 確認キャンペーン「しっかり止まって、はっきり確認」

      ・停車措置(サイドブレーキ、ギア入れ、エンジン停止、左輪止め)の徹底

      ・交通安全に係るCSR活動を展開し、地域社会への貢献と安全意識の高揚を図る

5.輸送の安全に関する組織体制及び指揮命令系統

安全管理規程実施要綱「運輸安全マネジメント組織図」によります。

運輸安全マネジメント組織図

6.事故・災害等に関する報告連絡体制

安全管理規程実施要綱「事故・災害等連絡体制図」によります。

事故・災害等連絡体制図

7.輸送の安全に関する教育及び研修の計画

  1. 管理職教育及び研修

    社内管理職研修の中で「輸送の安全を確保するための教育」を実施します。

  2. ドライバー教育及び研修
    1. 地区・グループ会社研修
      • 地区及びグループ会社の車両事故撲滅指導委員長が中心となり、地区・グループ会社単位で、初任運転者及び事故惹起者の教育を行います。
    2. 店所教育及び研修

      国土交通省告示1366号に基づく運転者教育を年間計画に従って実施します。

  3. 運行管理者、整備管理者の教育及び研修

    各公的機関において開催される研修に参加し、担当者のスキルアップを図ります。

8.輸送の安全に関する内部監査結果並びにそれに基づき講じた措置

  1. 各事業所に対して年2回の内部監査を実施しました。
  2. 安全統括管理者は、重大事故(自動車事故報告規則第2条に規定される事故)、重大な違反が発生した場合、または道路交通法第108条の34による公安委員会からの通知が行われた場合は、臨時内部監査を実施します。
  3. 内部監査は所定の「安全管理監査報告書」に基づく点検表を用いて監査及び評価を行います。
  4. 是正措置及び予防措置は、内部監査の結果に基づき改善すべき事項が認められた場合、安全統括管理者から経営トップに報告します。

9.輸送の安全に関する予算等の実績額

令和2年度実績

自動車保険 安全啓蒙資材 安全機器導入費用 安全教育関連費用 合計
169,242 13,006 730,219 514 912,981

・安全教育関連費用については、睡眠時無呼吸症候群のスクリーニング検査を受診含む                (単位:千円)

 

令和3年度予算

    1. ・自動車保険
    2. ・安全啓蒙費用(ポスター、ステッカー、運転記録証明、社内報、各種運動参加費など)
    3. ・安全機器導入費用(デジタコ、ドラレコ、バックアイカメラ、車線逸脱警報装置、衝突被害軽減装置、アルコールチェッカーなど)
    4. ・安全教育関連費用(ISO取得関連費用、各種講習会・研修会費用など)
福山通運の携帯サイト
QRコード
携帯にURLを送る