閉じる
リストボタン

家屋の解体現場で廃材を運ぶドライバーの仕事に就いていたが、拘束時間が長く子どもたちと過ごす時間がとれないため転職を決意。就職活動の結果、数社から採用通知を得たが待遇が良く、条件で便宜をはかってくれた支店長の人柄に魅かれて福山通運へ入社。

家屋の解体現場で廃材を運ぶドライバーの仕事に就いていたが、拘束時間が長く子どもたちと過ごす時間がとれないため転職を決意。就職活動の結果、数社から採用通知を得たが待遇が良く、条件で便宜をはかってくれた支店長の人柄に魅かれて福山通運へ入社。

ドライバー 高久 将雄の【Real】

人間関係でストレスがない職場。

転職にあたって最も重視したのは安定と時間のゆとりです。福山通運は誰でも知っている会社なので、その点は安心していました。私が応募した業務運転者という職種は固定給なので荷物が多くても少なくても収入は変わりません。毎日の勤務時間も決まっているので待遇面では私の希望にぴったりでした。ただ、募集要項に記載されていた年齢条件を見ると、自分には合わないかなと思って受けたのですが、面接でお会いした支店長の方が「あれは目安だから、大丈夫ですよ」と言ってくださって入社することができました。
今までいろんな会社で働いてきましたが、福山通運のように職場の人間関係でストレスを感じないところはありません。個人主義に走らないで、班単位のチームワークを重視する仕事の進め方もいい環境を生む原因のひとつだと思います。集配の途中でもメンバー同士が連絡を取り合って、遅れている分をフォローする。規則で決まっているわけでもないのに、自然にチームで助け合う土壌があるんです。

ドライバー「業務運転者」の【Real】

自分の提案を受け入れてもらえる喜び。

業務運転者も基本的には毎日同じルートを回って荷物を届けます。集配業務との違いは、運ぶ荷物の数が多いことや、荷物を降ろす際に時間や手間のかかる現場であることです。積み降ろしに2時間以上かかることも珍しくありません。
私は自分から班長に提案して、決まったルートではなく、変則的な業務を担当させてもらえるようにしました。個数の多い荷物や時間のかかる場所のほかに、当日の班全体の配送量から判断して、時間内に配送するのが厳しそうな荷物を率先して引き受けています。私が調整的な役割を果たすことによって、班全体の業務が円滑に回るようになりました。業務運転手の中でも、こんなイレギュラーな働き方をしているのは私だけでしょう。でも、そういう提案を受け入れてもらえるのが福山通運のいいところなのです。
今までいろいろな仕事を経験してきましたが、ドライバーが長続きしている理由は、それが自分にとって楽しい仕事だからです。若い頃は単純に車の運転が好きだったのですが、最近はお客様とお話しすることが面白くなってきました。人と接するのが好きなんですね。忙しい中でも何分ここで話していられるかを常に計算しています。仕事の効率だけ考えたらおしゃべりしないでサッサと次に行くべきだけど、それではつまらない。お客様から「そんなに話せるんなら営業をやればいいのに」と言われたこともあります。暑い日に大汗かきながら配送していたら、ペットボトルのジュースを1日に8本もいただいたことがありました。普段から親しくしていると、何かのときに融通を利かせてもらえます。そのためにお話しするわけではありませんが、自分もお客様が急いでいるのがわかれば配送の順番を変えて早めにお届けすることもあります。そういう関係性を築いていけるのも、この仕事の大きな魅力です。

高久 将雄 私の【Real】

大型免許を活かした仕事をしてみたい。

私が仕事をするうえでこだわっているのは段取りとスピードです。お客様と話をしても、効率よく配送を終わらせて、一番に支店へ戻れるようにしています。負けず嫌いのせいでしょうね。「高久は遅いな」って思われるのが嫌なんです。業務運転者として自分でできることは追求していきますが、大型免許を持っているので、いつかその資格を活かした仕事をしてみたいと考えています。お客様とコミュニケーションする機会は減ってしまうかもしれないけれど、スケールの大きい、ダイナミックな仕事を経験することは、きっと将来の役に立つはずです。
転職して良かったと思うのは、やはり子どもたちと過ごす時間を持てることです。妻が介護の仕事をしているので、なかなか休みが合わないため家族そろって出かけるのは難しいのですが、ゴールデンウイークとお盆に4日くらいまとめて休みをとって家族旅行を楽しむようにしています。班長にお願いすれば月に9日間ある休暇を調整してもらえるからありがたいですね。